マイページ

ポイントの確認や愛車のメンテナンス状況、ご登録店舗のお知らせやイベント情報がご確認できます。

マイページへ

新規マイページ登録はこちら
ログインID、パスワードをお忘れの方はコチラ

ネット販売ランキング
1位
オウルテック OWL-DR04-BK ブラック... オウルテック OWL-DR04-BK ブラック ドライブレコーダー
2位 パイオニア
carrozzeria ND-DVR10... carrozzeria ND-DVR10 ドライブレコーダーユニット【フルHD画質】
3位 FRC
エフ・アール・シー FT-DR ZERO W... エフ・アール・シー FT-DR ZERO W ドライブレコーダー
4位
ZTAA DVZ-100 ドライブレコーダー ZTAA DVZ-100 ドライブレコーダー
5位 ケンウッド
KENWOOD ドライブレコーダー... KENWOOD ドライブレコーダー DRV-610【3M(メガ)フルハイビジョン】
6位
イニツィア DRZ-1000... イニツィア DRZ-1000 ドライブレコーダー GPS搭載【フルHD画質】
7位 パイオニア
carrozzeria  ND-DVR1... carrozzeria  ND-DVR1 ドライブレコーダーユニット
8位 ユピテル
Yupiteru DRY-AS375WGc... Yupiteru DRY-AS375WGc ドライブレコーダー【フルHD画質】
9位
INBYTE FineVu CR-2000S+... INBYTE FineVu CR-2000S+ ドライブレコーダー【フルHD画質】
10位 ユピテル
Yupiteru DRY-AS410WGc... Yupiteru DRY-AS410WGc ドライブレコーダー【フルHD画質】
11位 ケンウッド
KENWOOD KNA-DR350... KENWOOD KNA-DR350 ドライブレコーダー【フルHD画質】
12位 FRC
エフ・アール・シー FT-DR100S... エフ・アール・シー FT-DR100S ブラック ドライブレコーダー【HD画質】
13位 コムテック
COMTEC HDR-202G... COMTEC HDR-202G ドライブレコーダー【HD画質】
14位
INBYTE LG Innotek Alive... INBYTE LG Innotek Alive LGD-100 ドライブレコーダー 2カメラ式【HD...
15位 KEIYO
KEIYO AN-R026 ドライブレコーダー KEIYO AN-R026 ドライブレコーダー
16位 セルスター工業
CELLSTAR... CELLSTAR レーダー探知機相互通信用コード 12V車専用 GDO-07
17位 セルスター工業
Cellstar GDO-02 ビデオ出力コード Cellstar GDO-02 ビデオ出力コード
18位 セルスター工業
CELLSTAR CSD-610FHR... CELLSTAR CSD-610FHR ドライブレコーダー【フルHD画質】
19位 ユピテル
Yupiteru DRY-AS380M... Yupiteru DRY-AS380M ドライブレコーダー【フルHD画質】
20位 コムテック
COMTEC HDR-111S... COMTEC HDR-111S ドライブレコーダー セパレートタイプ【HD画質】
21位 ユピテル
Yupiteru DRY-WiFiV3c... Yupiteru DRY-WiFiV3c ドライブレコーダー WiFi機能搭載モデル【フルHD画質】...
22位 コムテック
COMTEC HDR-102... COMTEC HDR-102 ドライブレコーダー【HD画質】
23位 ユピテル
Yupiteru DRY-FH330... Yupiteru DRY-FH330 ドライブレコーダー【フルHD画質】
24位 ミラリード
MIRAREED DR-1501... MIRAREED DR-1501 ドライブレコーダー【フルHD画質】
25位
オウルテック OWL-DR02-BK... オウルテック OWL-DR02-BK ドライブレコーダー 2.0インチ液晶【フルHD画質】

いつもの音楽で車内を心地よい空間に。

ドライブを”良い音”と一緒に楽しむ!

お買い得オーディオが目白押し!お買物はコチラから

  • ドライブレコーダーの主な機能・説明
  • ドライブレコーダー選び方のポイント
  • ドライブレコーダーの取付け
  • 車載カメラで安心・安全を確保
  • まずは、違いをはっきり知ることから。

    純正オーディオと市販オーディオの違い

    クルマの前で起こるちょっとした出来事も記録してくれるドライブレコーダー。現在発売されている商品は機能別に幅広くラインナップされています。ここではそのドライブレコーダーの基本機能と選び方を簡単にご紹介します。

    画質 家庭用テレビが地デジ化され、携帯電話でも綺麗な画質で動画などが撮影できるようになった今、標準画質のドライブレコーダーの映像では、ハイビジョン画質を見慣れている方にとっては物足りなさを感じてしまうかもしれません。そこで、推奨したいのが高品質な映像が残せ、万が一の時の証拠能力が格段に高まる「FULL HD」対応の機種です。事故に遭遇した場合、高解像度であればクルマのナンバーなど、より正確に記録してくれます。また、旅先の映像も、より鮮明に記録できます。

    「FULL HD」対応の機種

     

    ストリーミング 1秒間に撮影するコマ数のことです。単位はfpsで表します。数値が大きいほどなめらかな映像になります。逆に数値が小さいとパラパラ漫画のようになってしまいます。※フレーム数値が大きいとデータ量が多くなるため、記録可能時間が短くなります。

    LED信号機は、電力が50Hzの東日本地域では毎秒50回(または100回)、60Hzの西日本地域では毎秒60回(または120回)も点滅しているんです。つまりは1秒間の半分は「滅(点灯されない)」の状態なんです。対して一般的な動画カメラの撮影は毎秒30コマ(フレームレート)と言われています。そのため、西日本地域では毎秒60回のLED信号機の「滅 状態」と動画カメラの「撮影タイミング(毎秒30コマ)」がピッタリ重なってしまった場合(60は30の倍数のため)、動画撮影した記録映像には信号の「滅」の状態しか映らないという現象が起きます。その結果、動画で記録したLED信号機が「点灯していない」状態に見えてしまう可能性があるのです。このような現象を避けるために、ドライブレコーダーを選ぶ際は、フレームレートが選択できるタイプがおすすめです。

     

    GPS受信 人工衛星の電波を受信し、位置や時間の情報を取得できます。これにより、走行したルートや時間、スピード等の情報も映像と一緒に記録を残すことができます。これにより、事故時の場所の特定だけでなく、時間記録、走行速度なども残すことができるので、万が一の時は証拠能力が高まります。さらに、GPS受信機能があると位置記録を残せるので、ドライブ時の記録をマップと対応させて表示できドライブがもっと楽しくなります。

     

    G(加速度)センサー

    G(加速度)センサーは急停止や急発進、停車や事故などの衝撃を検知する機能です。
    通常、ドライブレコーダーは、常に数十秒から数分の動画ファイルを連続して作り続け、SDカードの容量がいっぱいになると古い映像を消しながら新たな映像を記録し続けます。しかしG(加速度)センサー搭載モデルであれば、衝撃を感知した時、上書きされないようにその映像を保護してくれます。これにより大切な瞬間が消えてなくなることはありません。

     

    映像の確認方法

    撮影した映像はパソコンで確認することができます。GPS受信タイプであれば、映像と走行ルート、スピードなどに連動した表示が可能です。

    movieCheck
  • 選び方のポイント

    ドライブレコーダーを選ぶ際は「画質」「Gセンサー」「GPS受信」「フレームレート」といった機能の組み合わせに着目しましょう。現在の商品ラインナップは、こういった機能の組み合わせで商品価格が決まっています。安心感やドライブの楽しみを求めるなら「単に安いだけ」の商品より「機能バランスのいい」商品が絶対にオススメです。

     

    タイミングによってはLED信号が消灯したように記録されてしまう場合があります。
    LED信号機は1秒間に60回または50回の点滅(西60Hz/東50Hz※2倍の回数の点滅もあります)をしています。ドライブレコーダーのフレームレートが30fpsまたは25fpsの場合LED信号機の点滅と同調し、信号の光が撮影できない場合があります。

  • キレイな取付けで社内すっきり。

    ドライブレコーダーの取り付け

    せっかくドライブレコーダーを取付けて快適にドライブを楽しむなら配線の処理もキレイにし、見た目をすっきりさせたいものです。オートバックスでは取付けをすっきりさせる裏取り配線処理を推奨しています。ドライブレコーダーの取付けはオートバックスにお任せください。

  • カーナビを付けたらドライブはぐんと楽しくなったんだけど、目的地に着いてからの駐車がとても苦手・・・。こういった方、多くないですか? 特に知らない場所での駐車・車庫入れなどには気を使います。
    そんな時には車載用カメラがとっても便利。カーナビと連動してドライバーの死角をサポートしてくれるので安心・安全が確保できます。日中の明るい時間帯だけでなく、夜間でもしっかり視界を確保できます。やっと手に入れた自分だけの新車だから、ちょっとのキズもつけたくない!という方にも車載カメラはオススメです。
    小さな追加で大きな快適と安全を手に入れ、快適なカーライフをお楽しみください。

     

    縦列駐車や車庫の出し入れを小型カメラで心強くサポート。
    目視より広範囲に上下左右をカバーする視野角で、より安全・安心に運転が可能になります。

    周りが見えにくくなる夜間は、車庫入れが苦手な方にはさらにプレッシャーがかかります。バックカメラの中には、夜でも見やすいカラー映像で映してくれるタイプもあり、夜間の車庫入れを強力にサポートしてくれます。

    縦列駐車が苦手な方もけっこう多いのでは?中には、教習所でしか、したことがないという方もいるのではないでしょうか。クルマの横は死角が多いため、縁石に乗り上げてタイヤにキズをつけてしまう前に、サイドビューカメラで安心を確保。サイドをモニターでしっかり見ながら運転できるので縦列駐車の時も安心です。

    出庫時の周辺状況や、見通しの悪い交差点などで、前方の確認に不便を感じたことはありませんか?
    そんな方にはフロントカメラがおすすめ。フロントグリルやバンパーなどに取付けたフロントカメラで、前方左右の状況をしっかり確認してからクルマをスタートできるので、とっても安心です。

     

    ハンドルによる、進行方向の操作 = ステアリング操作と連動したガイド線案内で、より安全にバックの操作が可能なタイプのバックカメラもあります。
    ステアリング操作連動タイプは、車種ごとのデータ・設計が必要なため、それぞれの車種専用に作られています。
    対応車種は、トヨタ・アルファード/ヴェルファイア、プリウスα、プリウス、エスティマ/エスティマハイブリッド、アクア、ニッサン・セレナ、ホンダ・ステップワゴン、ステップワゴンスパーダ(全て現行最新型)です。※2013年10月現在。

    ステアリング操作連動タイプの特長は、何といってもガイド線案内によるバック操作のサポートです!
    ステアリング操作と連動して曲がる角度を予測し、ガイド線を表示。進入するガイド線を見ながらの運転が可能になるので、駐車がスムーズに行えます。
    バックカメラのガイド線は純正ナビだけのものではありません。市販ナビでもステアリング連動バックカメラを組み合わせれば運転はもっと楽になります。
    ※ステアリング連動タイプのバックカメラに限ります。

お買い得ドライブレコーダーをネットショッピングでも販売中!!詳しくはこちら!

△ページTOPへ

ページトップへ移動