ロングドライブも安心!安全運転のパートナー。

レーダー探知機でドライブをもっと快適に!GPSやジャイロセンサーの搭載によって、正確な自車位置測位や速度の表示が一般化してきたレーダー探知機。その進化は日進月歩。少し前までは最上位機種だったモデルが、しばらくするとミドルクラスに位置づけられるほどの進化の早さです。となると、いつ買うのがお得なのかと考えてしまいますが、買いたい時が買い時です。すでに必要十分な性能を備えていますし、GPSなど取締り情報のダウンロードも充実して、常に最新のデータに書き換えることが可能です。速度取締り機などから発せられるレーダー波や緊急車両の無線をキャッチしてドライバーに知らせてくれるレーダー探知機は、より快適に、また、安全にドライブする上で今や欠かせないアイテムの一つです。

お買得レーダー探知機が目白押し!ネットショッピングはコチラ

  • レーダー探知機とは
  • レーダー探知機選ぶポイント
  • 「OBDⅡ」ってなに?
  • レーダー探知機 Q&A
  • レーダー探知機とは

    もともとレーダー探知機はその名の通り、速度取締り装置のレーダー波を探知してドライバーに安全運転を促すカーアイテムでしたが、無線情報を受信する機能やGPS機能の搭載、さらにはカーナビのように詳細な地図表示ができるまで進化しています。もはやレーダー探知機は、クルマのインフォメーションツールの役割を担っていると言えるかもしれません。

    レーダー探知機の種類(モデル)

    スタンダードモデル

    スタンダードモデル

    速度取締り用のレーダーは、基本的にレーダー波によって速度違反車両を見つける仕組みになっています。まずレーダー波によって走行中の車両速度を計測し、違反していた場合にはその前方にある赤外線方式のカメラで当該車両を撮影します。感知できるのはレーダー波を発射しているタイプのみで、主に以下のレーダータイプに対応しています。

    レーダー式オービス(固定式) パトカー用車載式レーダー(移動式)
    新Hシステム(固定式)  ステルス型取締り機(移動可能)

    しかしレーダー波の発射方法が特殊なものもあり、特にステルス型は非常に受信しにくくなっています。

    GPS搭載モデル

    GPS搭載モデル

    近年ではスタンダードタイプで感知できない速度取締り機も増えはじめています。その中で最も多いタイプがループコイル式オービスやLHシステムです。これらはレーダー波を使用していないため、従来のタイプでは反応できません。

    ループコイル式オービス、LHシステムとは…

    道路に3本のコイルが埋め込まれており、その上を通過した車両の速度を計測して違反車両の撮影を行う装置のこと。一般的にはフィルムカメラ式がループコイル式オービス、CCDカメラ式がLHシステムと呼ばれます。高速道路や幹線道路に多く設置されています。
    しかしこれらのオービスは非常に大がかりなシステムであり、基本的に固定型。そこでこのループコイル式オービスとLHシステムの設置されている位置情報をレーダー探知機内にインプットしておくことにより、本体に内蔵したGPSアンテナで自車位置を測定、近辺にある取締り機を教えてくれます。
    レーダー探知機としてはスタンダードタイプにGPS機能を追加したタイプがほとんど。スタンダードレーダー探知機で感知できる速度取締り機はGPSレーダー探知機でも感知できます。

    ※GPSタイプは、本体内にオービス位置データ等がインプットされており、マイクロSDカード等で更新可能なモデルが増えております。インプットされているデータは通常書き換え可能ですので、半年から一年に一回程度の定期的なデータの書き換えを心がけてください。

    カーロケ対応モデル

    カーロケ対応モデル

    カーロケとは、「カーロケーターシステム」のこと。緊急車両に搭載されたGPS機能により自車位置を測定し、その位置情報を専用の無線帯によって本部に連絡するシステムです。本部コントロールが指揮下の緊急車両の現在位置を把握するために使用されています。これが反応すれば、近くに稼働中の緊急車両が存在していることがわかります。そうすると、あらかじめ運転手も注意を払うことができ、緊急車両の通行を妨げないようにするなど、安全運転に役立ちます。

    ※ただし、全ての緊急車両が、カーロケーターシステムを搭載しているわけではありません。(未だ導入されていない地域もあります)。また、搭載されていても使用していない場合には反応いたしません。

    形状・タイプ

    レーダー探知機にも、さまざまな形状・タイプがあります。ダッシュボードに取り付けて使うもの、サンバイザーにはさんで使用できるもの、あるいは、純正ミラーに取り付けするものなど。車種やお好みに合わせてお選びいただくことをおすすめします。

    一体型

    一体型

    主流であるディスプレイ画面付レーダー探知機です。受信状況を音声案内と一緒に画面に表示する優れもの。画面も大型化し、さまざまなグラフィックで警告を演出。取り付けはダッシュボード上に専用スタンドを使って、あるいは直接固定します。

    サンバイザー対応型

    サンバイザー対応型

    ダッシュボードだけでなく、サンバイザーへの取付も可能なタイプです。ダッシュボードまわりに置きたくない方にはオススメです。

    ミラー型

    ミラー型

    ルームミラーとレーダー探知機が一体となった、「ミラー型レーダー探知機」。車内をスッキリさせたり、ダッシュボードの上には置きたくないという方にピッタリです。

  • レーダー探知機 選ぶポイント

    レーダー探知機は日々進化し、現在ではさまざまな機能が搭載されています。グロナス衛星・みちびきといった複数衛星に対応したもの、地図・実写・3Dなどで知らせてくれる多彩な警告表示があるもの、事故車両診断を自動で行えるOBDⅡを搭載したものなど。これらの機能は、レーダー探知機としての性能をさらに高め、安全運転をサポートしてくれるので、機種選びのポイントとして把握しておきましょう。

    複数衛星対応

    準天頂衛星「みちびき」対応イメージ

    これまで日本国内の都市部や山間地では、高い建物、山などが障害となって、少なくとも4機以上の人工衛星からの測位信号が届かないことがあり、測位結果に大きな誤差が出ることが多くありました。そこで、ロシアの人工衛星を利用する測位システム・グロナス衛星や、準天頂衛星システム・みちびきなど複数の衛星システムを多受信対応することで、山間部や都心部の高層ビル街などでも、測位できる場所や時間を大幅に広げることができます。

    多彩な警告表示

    運転中に現れる注意すべきポイントや施設などさまざまな情報をいち早く察知するため、状況に合わせて選べる多彩な警告表示を採用した機種もあります。

    多彩な警告表示

    OBDⅡ対応

    GPS測位をサポートし、マルチインフォメーションとして活用できます。トンネル内などGPSが受信できない場所でも、車速情報によって自車位置を推測してくれます。

  • 「OBDⅡ」ってなに?

    レーダー探知機はさまざまなセンサーが内蔵されていますが、注目なのが「OBDⅡ接続」です。「OBDⅡ」端子はクルマの故障診断用に設けられた規格で、クルマの「OBDⅡ」端子から得られる車速やエンジン回転数、燃料噴射量、水温や油温などの車両情報を引き出すことができます。
    「OBDⅡ接続」すれば燃費や移動距離など詳細な走行情報を液晶表示できるほか、レーダーマップの精度向上にも貢献します。「OBDⅡ接続」はレーダー探知機の機能をさらに強化させ、ドライブをもっと快適にしてくれます。

    ※「OBDⅡ」搭載でも未対応の車種がありますのでご注意ください。

    接続のメリットは

    ①トンネル内や渋滞時でも高精度な警報を実現。

    「OBDⅡ」を接続することにより、より正確な車速情報を検知できるようになります。トンネル内などのGPS非測位箇所や渋滞時でも高精度な警報を実現します。

    ②誤警報カット機能が正確に。

    「OBDⅡ」対応で車両情報が明確になることにより、自動ドアや反対車線のターゲットなどが原因で発生する誤警報を自動的にカットする機能の精度が上がります。

    ③エコ情報など多彩な車両情報の表示。

    「OBDⅡ」に接続することで、「エンジン負荷率」「スロットル開度」「燃料流量」「瞬間燃費」「平均燃費」といったさまざまな車両情報を表示。エコドライブにつながります。

    ③エコ情報など多彩な車両情報の表示。
  • レーダー探知機についてよくある質問を集めました。

    レーダー探知機 Q&A

    安全運転のサポートとしてとっても便利なレーダー探知機。そんなレーダー探知機についてのよくある質問をまとめました。

    Q1.レーダー探知機本体の取付け位置に制限はありますか?

    A1

    保安基準の観点から、フロントガラスへの取り付けは禁止されております。またミラー型レーダー探知機もメーカー純正品以外のルームミラーには、取付けできない場合があります。詳しくは、各メーカー商品の取扱説明書をご参照ください。

    Q2.輸入車でも使用可能ですか?

    A2

    基本的に12V車であれば取付けが可能です。ただし、輸入車に多い断熱ガラス・熱吸収ガラス等の車はGPS受信ができなかったり、停車してキーを抜いてもレーダー探知機の電源が切れない事があります。詳しくは、お買い求めの自動車ディーラ等で取付け可能かどうかご確認ください。
    Q3.バンド数って何ですか?

    A3

    レーダー探知機の基本性能です。5バンドや17バンドと表現されるバンド数とは、取り締まりレーダー波や取り締まり無線を受信する数のことで、この数が多いほどさまざまな情報を受信することができます。「ベーシックモデル」だと2~5バンド、「ハイスペックモデル」で17~18バンドの受信が可能になります。取り締まりに関係する無線以外にもカーロケ-ターシステムやレッカー無線、JH無線などの無線を受信することで、周囲の情報をいち早く知ることが可能で、安全運転を心掛けることができます。
    Q4.取締り機にはどんな種類がありますか?

    A4

    速度取締り機には、いわゆるレーダー波を発生するものから、レーダー波を発生しない地中に埋め込まれたセンサーで測定するものまで、さまざまなタイプがあります。レーダー波を発生しないタイプは、GPS機能を搭載したモデルでないと反応しません。代表的なものに、「新Hシステム」「LHシステム」「レーダー式オービス」「ループコイル式オービス」などがあります。
    Q5.「デジタル無線」とは何ですか?

    A5

    警察本部と緊急車両等とが交信を行う際に使用する無線で、通話内容がデジタル化されており通話内容を聞くことはできませんが159MHz~160MHz帯で約53chの電波を受信し警報を行います。
お買得レーダー探知機をネットショッピングでも販売中!!

前のページに戻る

ページトップへ移動