チャイルドシートの選び方

平成12年4月より、6歳未満の乳幼児への使用が
義務化されたチャイルドシート。
大切なお子さんを守るため、しっかりと選びたいですよね。
しかし、実際に選ぶとなると種類もたくさんあって悩むものです。
何を基準に、どう選べば良いのかよく分からない、という方も多いはず。
こちらでは、選ぶポイントや特徴をわかりやすく解説します!

チャイルドシートの種類

  • 新生児・乳児用 ベビーシート
  • 幼児用チャイルドシート
  • ジュニアシート
  • 乳児・幼児兼用シート
  • 幼児・学童兼用シート
  • 乳児・幼児・学童兼用シート

専用タイプ

新生児・乳児用 ベビーシート(新生児~1歳くらい)

ベビーシートは、新生児から1歳頃まで使用できるチャイルドシートです。
新生児は首がすわっていないので、進行方向に対して後向きに取り付けて背中の広い面で衝撃を吸収するようにします。また、軽量で、ベビーキャリーとしても使用できるのが特徴です。乳児に無理のない角度ということで背もたれは45度程度の傾斜があるイス型になります。

新生児・乳児用ベビーシート一覧はこちら

幼児用チャイルドシート(1歳~4歳くらい)

新生児・乳児用ベビーシートを1歳前後まで使用した後に使用するのがこちらの幼児用チャイルドシートです。
二人目のお子さんが産まれたら、今まで使っていたベビーシートを使い、一人目のお子さんにこちらを使わせると言った使い方ができます。
ひとり座りができるようになった最初のころは進行方向に対して後ろ向きに取り付け、万が一の時の衝撃を背中で分散して受け止めます。ある程度大きくなった時期に進行方向に対して前向きに取り付けます。
ただ、もう少し大きくなったらジュニアシート(4歳~11歳くらいまで)に買い換えが必要です。

幼児用チャイルドシート一覧はこちら

ジュニアシート(4歳~11歳くらい)

約4歳~11歳頃になると「ジュニアシート」を使います。背もたれがあり成長に合わせて分離できるタイプと、座部だけのコンパクトで持ち運びが簡単なタイプがあり、ジュニアシートを使用することでお子様が車載シートベルトを正しい位置で使用できるようなります。
まだ小さいお子様は、首に車載シートベルトがかからないよう調整できる背もたれつきのジュニアシートがお勧めです。体の大きいお子様は背もたれのない座面タイプのシートがお勧めです。
6歳を過ぎても大人の体格とは異なりますので、ジュニアシートに乗せてあげたほうが、車載シートベルトを正しい位置で使えるので安心です。

ジュニアシート一覧はこちら

兼用タイプ

乳児・幼児兼用シート(新生児~4歳くらい)

新生児から4歳頃までを1台でまかなえるのがこちらの乳児・幼児兼用シートです。
1歳未満は進行方向後ろ向きで使用し、途中から向きを反転して幼児用チャイルドシートに変化させることができます。1台で乳児用と幼児用が兼用できるため、合理的で経済的とも言えます。また、二人目のお子さんが年が近い場合、お下がりとして使えることが多いです。

乳児・幼児兼用シート一覧はこちら

幼児・学童兼用シート(1歳~11歳くらい)

1歳頃まではベビーシートを使用し、それ以降11歳頃まで1台で長く使えるチャイルドシートがこちらです。
ぐんぐん成長するお子様のからだに合わせて、最適なスタイルにチェンジでき、大きくなったら座部だけのコンパクトタイプとしても使用できます。
長い期間、買い替えの必要がないため経済的です。

幼児・学童兼用シート一覧はこちら

乳児・幼児・学童兼用シート(新生児~11歳くらい)

新生児から、11歳頃まで使えるロングユースタイプのチャイルドシートとなります。
これ1台でチャイルドシートの着用義務期間を全てまかなえるため、コストパフォーマンスに優れたタイプと言えます。
お子さんがお一人の場合、経済性を重視したい方におすすめです。

乳児・幼児・学童兼用シート一覧はこちら
ページトップに戻る