チャイルドシートの用語について

平成24年度チャイルドシートアセスメントの前面衝突試験で乳幼児、幼児用ともに最高評価の「優」を唯一獲得したのがISO-FIX対応チャイルドシートです。

これはシートベルトを使用しないで固定することが可能なため、誰が装着しても比較的簡単に装着が出来るのが特徴です。これを使うことで取付ミスが大幅に軽減します。

正確にチャイルドシートを固定することは、子どもの安全につながる大きなポイントです。ISO-FIX対応のアンカーがクルマに装備されていないと使うことはできませんが、2012年7月以降に生産されたクルマであればこのアンカー装備が義務化されていますので、ご使用の愛車が対応車であればぜひ選んでいただきたいチャイルドシートです。

ISO-FIXのメリット・デメリットとは?

◎ 取り付けが簡単で、正しく取り付け可能

◎ しっかり取り付けるため、安定感がありグラグラしない

◎ 自動車そのものに連結するため、万が一の衝撃も軽減

× ISO-FIX義務化前の古い年式の車には取り付けられない場合がある

× シートベルト固定式よりも価格が高い

おすすめ! ISO-FIX対応チャイルドシート

トラベルシステムとは、1台でベビーカー、車のチャイルドシート、ベビーキャリーの全ての役割をこなす多機能なベビーカーのことです。
ベビーカーからキャリー部分が取り外せるので、眠った赤ちゃんを起こさずに移動させることができ、さらに室内用のベビーラックとしても使うことができます。 そのため、家事をしているママの近くに置いておくこともできるので、毎日の育児シーンで活躍すること間違いなしです。

  • 1台3役のチャイルドシート ベビーカー

    ベビーカー

  • 1台3役のチャイルドシート チャイルドシート

    チャイルドシート

  • 1台3役のチャイルドシート ベビーキャリー

    ベビーキャリー

回転式は、チャイルドシートのシート部分が360°回転するため、シートの向きを回転させて自分のほうに向けることができます。
この便利な機能のため、車内が広くない場合や、狭い駐車場での赤ちゃんのお車からの乗り降ろしがとても楽というのが最大のメリットです。
また、シートを回転させることができるため、安全ベルトの装着もやりやすくなります。 ただし、固定式よりも価格が高くなる傾向があります。

固定式は、回転式のように多機能ではありませんが、誰でも簡単に設置しやすいという魅力があります。
つくりもコンパクトなので、それほど圧迫感もなく、付け替えも短時間でできます。車種を選ぶ回転式とは異なり、固定式はほとんどの車に取り付け可能です。

ブースターとは、まだ背の低いお子様がシートベルトを正しい肩の位置で装着するために、座面を底上げするだけの補助用シートのことです。置くだけなので、軽くて装着しやすく、また比較的安価で販売されています。

ハイバックと呼ばれる、取り外しのできる背もたれがついているタイプもあり、子供をしっかりと包み込んでくれるという安心感がメリットです。
義務年齢の6歳を越えても、身体が小さくてシートベルトが首にかかってしまうのであれば、ジュニアシートを使用します。

チャイルドシートに関するQ&Aはこちら
ページトップに戻る