いい整備士がいる。 いい整備士がいる。

TOSHIHIKO
AKAMINE
赤嶺 寿彦 二級自動車整備士 / 自動車検査員

整備士の漫画に憧れてこの世界へ。

小学生の頃に読んだある漫画がきっかけで、整備士に興味を持ちました。それまでは大工になろうと思っていたのですが、その漫画と出会って「車をいじる」という仕事に惹かれ、自分もやってみたいと思うようになりました。両親と話をして自動車科のある高校に進学させてもらって、専門学校にも通って、整備士になりました。

誰に見られても
恥ずかしくない整備を。

整備士としてのこだわりは、誰に見られても恥ずかしくない整備をすることです。仕事上、ディーラーさんや他のところでやった仕事を後から手直しするようなこともあります。良くも悪くも他人の仕事を見ることができてしまう。もし仮に自分の仕事を他人が見たときに、「これはよく考えてやっているよね」と思ってもらえるような仕事を心がけています。

お客様と歩幅を合わせる。

お客様がどこまで車の知識をお持ちなのかを探りながら、言葉を選んでお話しないといけないと思っています。お客様にもわかりやすい説明というだけでなく、例えば早口にならないようにお話しするというのも大切だと思います。もともとディーラーに勤めており、お客様との接点も少なかったので気づけませんでしたが、今では落ち着いて接客できるようになりました。

一手間を惜しまない。

販売しているものをお買い上げいただいて、それを取り付けて終わりということでもいいと思うのですが、時間を使ってあげて少しでも良いものができるのであればやってあげたいと思っています。自分から言うことでもないのでほとんど気づかれることはありませんが、もしわかってくれるお客様がいたら良いなと思いながら仕事をしています。

自分で作った車で耐久レース。

若い頃に、自分でロールバー(ボディを補強するパーツ)を溶接した車で耐久レースに出ていたことがあります。車は正直なので、いじると成果がすぐに返ってくるんです。少しでも良いタイムを出すためにどうすればいいかなど、頭を使いながら車をいじっていた経験が普段の整備作業にも生きていると思います。

どんなことでもなんとかする。

常に「なんとかする」と心に決めて仕事をしていますので、例えばお客様から車が壊れたと電話があって国道の道端でデフ(左右のタイヤの回転数を調節するパーツ)交換をしたこともあります。昔の話ですが、土手に落ちてしまった友人の車を引き上げたりもしました。やっぱり、なんとかしてあげたいんですよね。

AUTOBACS GUYS