柿本改 GTbox 06&S トヨタ アクア DAA-NHP10 T443118
商品説明
商品説明
  • 柿本改 GTbox 06&S トヨタ アクア DAA-NHP10 T443118
  • 商品説明
  • 商品説明

カキモトレーシング
柿本改 GTbox 06&S トヨタ アクア DAA-NHP10 T443118

マフラー(柿本改GT Box 06&S)

  • 特価
  • 取付可能
商品コード: 01080241
ネット特別価格
49,280
 
(税込)
受取 納品予定日 ポイント還元
通常 ボーナス
店舗 OK 5~7日前後 246pt - pt
宅配 OK 5~7日前後 - pt - pt

※表示よりもお時間をいただく場合がございます。

ネットショップのご利用について Tポイントのご利用・加算について

商品説明

■GT boxならではの中低速でのトルクを大切にしつつ高回転域にも目を向けた、よりスポーティなモデル
■Wagon&One Box専用モデルGTboxのコンセプトを引き継ぎ、中低速でのトルクとクイックなレスポンスを実現
■中低速でのトルクを確保し、hyper GT box Rev.よりも高回転でのレスポンスを強調
■メインサイレンサーはより高回転を重視するためにさらにスリムに
■スポーツカー用に開発したパワーレデューサー&内燃機構造(車種によっては中間タイコ)を採用することにより適切は排圧をコントロールし、中低速のトルクとクイックなレスポンスという高い性能の確保と効果的な消音を可能に
■小容量砲弾型マフラーでありながら性能を犠牲にすることなく音量をJASMA基準内に抑え、Wagon&One boxのよりスポーティーな走行に最適な高機能マフラー
■柿本改ならではの音質も健在、こだわりぬいた性能は美しい音を作り出す
■2006年以降も安心して使っていただけるJASMA基準を採用(JASMA認定済み)
■オールステンレス・フルTig溶接
■軽量化
・ステーは中空タイプ、フランジ・メインパイプも薄肉で軽量な材料を採用
・高回転を強調するためによりスリムにしたメインタイコは軽量化にも大きく貢献
・側板、鏡板などのタイコの部品自体も薄肉を採用し、テールは1.0mm以下という超薄肉
・薄肉素材を採用しながらも強度面においても十分考慮
■スタイル
・虹色に輝く超薄肉のカールテールには柿本改オリジナルのチタンフェイス(特許出願中)処理
・非常に美しく、迫力も満点
・キレイなだけでなく焼けにくく、焼けても従来のものに比べ、くすみづらく美しさを損ないにくい特徴を持つ

スペック

■品番:T443118
■シリーズ:GT box 06&S('10加速騒音新規制対応モデル)
■基準:JQR認証(性能等確認済表示)
■JQR番号:JQR20131068
■近接排気騒音:86dB
■材質:オールステンレス
■パイプ径:50φ
■タイコ径:115φ
■テール径:80φ
■出口方向:S(右)
■付属部品:ナット(BL.N1001)×2・ワッシャ(BL.W1702)×4

【備考】
・リアピースのみ

適合

■適合車種:トヨタ アクア
・グレード等:G/S/L
・駆動型式:FF
・車両型式:DAA-NHP10
・エンジン型式:1NZ-FXE(1LM)
・年式:12/8~
・ミッション:CVT

【備考】
・テール位置は純正とは異なります。
・純正リアアンダースポイラー装着車取付不可。
・車台番号NHP10-2098374までとNHP10-6075115までは取付不可。

注意事項

ご注文の際は必ず車検証の記載事項(初年度登録、車両型式)及び車両の外装状態を確認して下さい。純正品以外(ディーラーオプション、特別仕様車含む)のマフラー、エアロなどが既に装着されている場合は取付不可の場合があります。
※2010年4月1日以降に製作された車両の判別は、車検証にてご確認下さい。
※画像はイメージのため、実際の商品とは異なる場合がございます。
※表示以外の詳細・注意事項等につきましては、「関連リンクを見る」よりメーカーホームページをご確認下さい。

予備項目

※製品の構造は同種商品でも車種によって異なる場合があります。
※サイレンサー形状は製品及び車種により異なる場合があります。
※排気管のダブル出口、左右出口の場合、均等に排気しないことがあります。
※排気管が左右出口の場合、車両の個体差、諸条件等により左右均等に装着できない場合があります。
※記載対応車種でも車両の個体差、諸条件等により装着できない場合があります。
※不正改造車に取り付けた場合のクレームには応じかねますので、ご了承ください。
※スポーツマフラーは消耗部品です。経年変化等により、本来の性能が損なわれた場合には速やかに交換してください。
※エンジンコンディションが悪化した車両に装着した場合、カーボン等の発生により稀に排気音量が増大することがあります。
※一部製品について装着車両の標準地上高が変わりますので、路面の突起物や駐車場の車輪止めなどに接触しないよう充分に注意してください。
※製品は装着状態において走行後、熱による金属の収縮によりピーン・カーンといった音を発生する場合があります。
※製品は材質の特性上、熱の影響等で変色します。
ページトップへ移動