チャイルドシートの選び方

平成12年4月より、6歳未満の乳幼児への使用が
義務化されたチャイルドシート。
大切なお子さんを守るため、しっかりと選びたいですよね。
しかし、実際に選ぶとなると種類もたくさんあって悩むものです。
何を基準に、どう選べば良いのかよく分からない、という方も多いはず。
こちらでは、選ぶポイントや特徴をわかりやすく解説します!

チャイルドシートの種類

  • 新生児・乳児用 ベビーシート
  • 幼児用チャイルドシート
  • ジュニアシート

● 新生児・乳児用 ベビーシート(新生児~1歳くらい)

新生児・乳児用 ベビーシート

ベビーシートは、新生児から1歳頃まで使用できるチャイルドシートです。
新生児は首がすわっていないので、進行方向に対して後ろ向きに取り付け、
背中の広い面で衝撃を吸収するようにします。 ベビーシートには、座面が回転しない固定式のタイプと、座面が回転するタイプがあります。
お子様を載せたり降ろしたりする際には、回転式がとても便利です。

● 幼児用チャイルドシート(1歳~4歳くらい)

幼児用チャイルドシート

新生児・幼児用ベビーシートが窮屈そうになってきたら、使用するのが幼児チャイルドシートです。
月齢、体重を目安に買い替えてあげましょう。
ひとり座りができるようになった最初のころは進行方向に対して後ろ向きに取り付け、万が一の時の衝撃を背中で分散して受け止めます。 ある程度大きくなった時期に進行方向に対して前向きに取り付けます。 ただ、もう少し大きくなったらジュニアシート(4歳~11歳くらいまで)に買い換えが必要です。

● ジュニアシート(4歳~11歳くらい)

ジュニアシート

約4歳~11歳頃になると「ジュニアシート」を使います。
背もたれがあり成長に合わせて分離できるタイプと、座部だけのコンパクトで持ち運びが簡単なタイプがあり、ジュニアシートを使用することでお子様が車載シートベルトを正しい位置で使用できるようなります。
まだ小さいお子様は、首に車載シートベルトがかからないよう調整できる背もたれつきのジュニアシートがお勧めです。 体の大きいお子様は背もたれのない座面タイプのシートがお勧めです。
6歳を過ぎても大人の体格とは異なりますので、ジュニアシートに乗せてあげたほうが、車載シートベルトを正しい位置で使えるので安心です。

ページトップへ