MAVIC AIR 2

105,600円(税込)~

パワフルさと携帯性を兼ね備え、進化したMavic Air 2は、そのコンパクトなボディに最先端の機能を多数搭載。

48MP写真 & 4K/60fps動画、最大伝送距離10kmの1080p動画伝送(日本国内では6km)、最大飛行時間34分、フォーカストラック、写真|動画|パノラマ、8Kハイパーラプス

MAVIC Air 2

飛躍せよ、まだ見ぬ世界へ

はじめに

Mavic Air 2は、主要な機能をすべて搭載したDJI最新のミッドレンジドローンです。
これまでと比較してより小型で、安全で、最適化され、かつ高性能の最新コンシューマードローンと
なっています。

キーポイント

  • • 48MP写真&4K/60fps動画
  • • 1080P/240fps スローモーション
  • • HDR写真/動画/パノラマ
  • • 8Kハイパーラプス
  • • フォーカストラック
  • • 34min最大飛行時間
  • • 10km*1080p動画伝送

*日本は6kmです。

外観

送信機

  • • 240min使用時間
  • • 改良したアンテナデザイン
  • • 持ちやすいグリップ
  • • 操作中でも本体を目視内に確認しやすい
    スマホ装着位置

主な特徴

  • • 強力なイメージングセンサー
  • • 優秀な画像処理技術
  • • よりスマート、安全な飛行体験
  • • より長く、安定した飛行性能

強力なイメージング
センサー

1/2インチCMOS
センサー搭載
  • • DJI 初めて4800万画素写真が撮れるコンシューマードローン
  • • Mavicシリーズ初めて4K/60fpsビデオが撮れるコンシューマードローン
  • • DJI 初めて1080P/240fpsスローモーションが撮れるコンシューマードローン

*参考写真はインターネット上に引用したものです。

HDR 写真/動画/パノラマ
  • • HDR(ハイダイナミックレンジ)写真:HDR写真を合成する際に発生するゴーストを除去し、わざとらしいエフェクトを加えることなく、映像にさらなる輝きをもたらします。
  • • HDR動画:最大4K/30fpsのHDR動画は撮影した後に直接モニターで再生できます。その間の画像合成加工は一切不要で、誰でも簡単に撮れます。
  • • HDRパノラマ:パノラマ写真でもHDR技術で、より綺麗な合成写真が作成できます。
  • • 3つのHDRモード(特にHDR動画)搭載のDJI ドローンはMavic Air 2だけです。

優秀な画像処理技術

スマートフォト*
  • • 新機能スマートフォトは、最適な効果を得るため、シーン認識/ハイパーライト/HDRを1つのモードに統合した機能です。
  • • シーン認識は、様々なカメラパラメーターをそれぞれのシーンに合わせて最適化し、夕焼け/空/草地/雪原/森林の5つのカテゴリーのインテリジェント認識機能に対応しています。
  • • ハイパーライトは、夜間または低照度環境下で撮影された写真を最適化します。
  • • 高照度条件下でのHDRのダイナミックレンジは大幅に改善され、露出パラメーターとレイヤー化された画像を調整し、色鮮やかで高品質の写真を映し出します。
  • *スマートフォトは1200万画素です。
  • *スマートフォト機能は通常OFF。APPで撮影設定→写真→スマートフォトの操作でONできます。
8Kハイパーラプス*
  • フリー

  • サークル

  • コースロック

  • ウェイポイント

ハイパーラプスの8K撮影に対応。時間が圧縮され、空間を移動していく不思議な映像を収めることができます。
さらに、撮影後の複雑な後処理作業は不要です。フリー/サークル/コースロック/ウェイポイントからモードを一つ選び、撮影場所を選択すれば、残りの作業はDJI Flyアプリが行います。

*8K解像度はフリーモードとウェイポイントモードにのみ対応しています。サークルとコースロックは1080Pです。今後追加対応予定です。

よりスマート、
安全な飛行体験

フォーカストラック*
  • ActiveTrack 3.0

    最先端のDJI アクティブトラック技術により、障害物を避けながら、かつてないほどスムーズに被写体を追いかけます。誘導機能が進化し、見失った被写体もより迅速かつ正確に予測できるため、たとえ被写体が木の背後を移動したとしても、被写体をフレームの中心に捉え続けます。

  • Spotlight 2.0

    このモードでは、カメラを被写体にロックオンさせたまま自由に飛行できるので、非常に便利です。被写体を選択して飛び立つだけで、あとはMavic Air 2にお任せです。

  • POI 3.0

    Point of Interest (POI)の機能がさらに進化し、POI 3.0にバージョンアップ。特に平面認識の機能が改善されています。従来であれば追跡中に被写体を見失う可能性のある場所でも、POI 3.0では問題ありません。また、POI 3.0では、人、車、ボートなど動いている被写体を対象に、フレームに収め続けることもできます。

  • *フォーカストラックは、4K/60fps、4K/50fps、4K/48fps、2.7K/60fps、2.7K/50fps、2.7K/48fps、1080p/120fps、1080p/240fpsの
    動画撮影では利用できません。
  • * ActiveTrack 3.0モードに入ると、手を振るだけで自動認識、自動追従できます。
APAS3.0*

高度操縦支援システム(APAS) 3.0は、高度なマッピング技術を利用して、複雑なシナリオの中で円滑な飛行と確実な障害物回避を実現。障害物回避の性能と自動飛行計画は、前世代のバージョンに比べ大幅に改善されているため、安全性が向上し、より多様な飛行が可能になっています。

*APAS3.0は、4K/60fps、4K/50fps、4K/48fps、2.7K/60fps、2.7K/50fps、2.7K/48fps、1080p/120fps、1080p/240fpsの動画撮影では
利用できません。

クリックショット
  • • 6種類の飛行ルート、数回タップだけで撮影
    • ドローニー
    • サークル
    • ヘリックス
    • ロケット
    • ブーメラン
    • アステロイド
  • • 撮影後、さらに電子手振れ補正が自動的にかかる
  • • ストーリーモードのテンプレートが使用可能
  • • クイックショットモードに入ると、手を振るだけで自動認識、自動撮影ができる

より長く、
安定した飛行性能

  • 34min

    歴代のDJIコンシューマードローンの中で、最長の飛行時間。

  • 10km/1080P*

    最大10kmまでの転送距離、クリアなFHDリアルタイム画像転送。

  • 2.4Ghz/5.8Ghz自動切替*

    リアルタイムで干渉が少ないチャンネルに自動で切り替わります。

*日本は6kmまで、2.4Ghzのみです。

スペック

  • 重量570g
  • 折畳み180×97×84 mm(L×W×H)
  • 展開時183×253×77 mm(L×W×H)
  • Sモード68.4 km/h|Pモード43.2 km/h|Tモード18.0 km/h
  • 最大飛行34 min
  • 運用限界高度5000m
  • 最大風圧抵抗29 〜38 km/h(レベル5)
  • 1/2 インチCOMSセンサー
  • 12/48MP写真、絞りf/2.8 、24mm 、FOV 84°
  • スマートフォト1200万画素
  • 垂直(3x1)、広角(3x3)、180 °、スフィアパノラマ
  • 4K/60fps動画、1080P/240fps スローモーション
  • HDR 写真/動画( 4K/30fps )/パノラマ
  • 8Kハイパーラプス
  • H.265、120Mbps
  • OcuSync 2.0 画像転送システム
  • 1080P、2.4/5.8GHz
  • 1080P/30fps,12Mbps
  • 10km (FCC)
  • 6km(SRRC)
  • 6km(CE/MIC 日本)
  • 前|後|下3方向検知システム
  • (前後両目,下方両目+TOF)
  • 下方補助LED
  • APAS 3.0
ページトップへ