SA姫路車検・オイル交換・タイヤ交換はお任せください

スーパーオートバックスTYPE2 住所 兵庫県姫路市花田町一本松63-1
電話番号 079-251-0117
営業時間 【 月~金 】10:00 - 20:00
【 土 】10:00 - 20:00
【日・祝日】10:00 - 20:00

該当件数112件数中16―20件目:

<< 最初へ < 前へ   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10 次へ > 最後へ >>

おすすめ商品

ZERO/SPORTS
ソレノイドカバー

純正ブーストソレノイドカバーと交換するだけで、エンジン
ルームをドレスアップすることができ、ターボ車にとって重
要なブーストソレノイドバルブ保護し、専用エンブレムが、
精悍なイメージを感じさせます。また、高級感のある耐熱性
ブラック塗装となっております。

ZERO/SPORTS
ZERO SP オイルフィラーキャップ

こだわりぬいた技術を結集させたオイルフィラーキャップが
エンジンルームに高級感をもたらします。
◆アルミ削り出し 
◆ブルーアルマイト処理でエンジンルームのドレスアップに
最適
◆取付簡単ボルトオン装着


熱処理型のアルミニウム耐食性合金であり、車両や船舶など
輸送構造材料として使用されているジュラルミンから削り出
し、熟練の職人がひとつひとつ丁寧に仕上げ、高品位なブル
ーアルマイトで表面加工を施しました。
また、上面にエッチング加工とスピン加工を施し、美しさを
際立たせています。
メカニックグローブ装着時でも、回転させやすいようキャッ
プの形状にこだわって設計。
ZERO/SPORTS ZERO SP オイルシリーズの象徴であるエン
ブレムを配し、普段はボンネットに隠されたパーツへの徹底
したこだわりが、存在感を際立たせ、特別な1 台であること
を静かに主張します。

NEOPLOT
フットレストバー

NEOPLOT(ネオプロト)フットレストバーNEOは、ドライビン
グポジションを決めるうえで、最も重要な左足(軸足)を置く "
フットレストのポジションを最適化"するために開発。左足を
置いた瞬間にグリップ感が伝わり軸足を決めることができま
す。
これまで左足をプレート(平面)で受けるのが常識になっている
フットレストを、"バー(棒)"で受けることで、驚くほど安定し
たドライビングポジションを実現。アクセルペダルに置いた
右足と、フットレストバーNEOに置いた左足の位置関係がシ
ンメトリーに近い状態になるため、より自然な姿勢で運転す
ることができます。
またマニュアルトランスミッション車の場合は、フットレス
トバーNEOとクラッチペダルの位置関係も最適化しています
ので、よりスムーズなクラッチ操作が可能になります
■疲労軽減効果
フットレストバーNEOは平面でワンポジションでしか安定し
ない一般的なフットレストと違い、フットレストバーを起点
に左足(首)の動きに自由度を持たせることができます。これに
より、体形によって変化するドライビングポジションにも、
違和感無く最適な姿勢を保つことができるようになります。
無理の無い姿勢を保てるため、ロングドライブ時における疲
労の軽減につながります。
■バーの形状は2種類
純正フットレストの位置関係は、理想に近い設計のものもあ
れば、ほど遠いものまで様々です。
そのためフットレストバーNEOに使用するバーの形状は、ラ
ウンドバータイプとウェーブバータイプの2種類をご用意して
います。

「人馬一体」、ドライビングフィールに重点が置かれたメー
カーの車両開発において度々登場するキーワードです。
その基本となるのは「正しいドライビングポジション」です
。世界各国、千差万別のユーザーが《不満の無いように》作
られた純正のドライビングポジションは、理想的な状態とは
言い難いのが現状、特に左足(フットレスト)のポジショニ
ングは何かの犠牲になったかのような理想からかけ離れた状
態も見受けられます。

NEOPLOTが提案する左足のポジショニングは、
・多様な運転姿勢に対応できること。
・右足とシンメトリー(対称)な状態であること。
・足首の角度は直立している時と同じ直角で、無荷重である
こと。
・ペダル類へのコンタクトポイント(接点)は踏力のコント
ロールに優れる母子球(親指の付け根)であること。
・運転中にもヒールポイントをずらす事ができ、かつ緊急時
にも滑ることなく踏み込めること。
この5項目を軸とし、車種毎に最適な状態を実現できる様に設
計が始まりました。

これまでプレート(平面)で左足を受ける方法では一部の項
目しか解決できませんでしたが、バイクパーツの「バックス
テップ」から得たヒントを元にラウンドバー形状で受ける構
造を考案、これによって全ての課題をクリアすることに成功
しました。
全ての項目をクリアする場所を導き出し、そこに設置するコ
ンタクトポイントをラウンドバー形状とする事で左足(首)
の動き(角度)に自由度をもたせることができます。これに
よりドライバーにとって最も自然な位置に左足を置くことが
できるようになります。また、ドライバーの体躯や足のサイ
ズ等に合わせるにはラウンドバーの位置を固定式にするので
はなく、調整式にすることで解決しました。自由度の高いラ
ウンドバータイプとする事で単純な調整機能でも違和感の無
いポジショニングが可能となります。

●ウェーブバータイプの誕生
近年、一部の車両ではドライビングポジションに重点が置か
れた設計が施され、左足のポジショニングも理想に近い物が
増えてきました。しかし、NEOPLOTの考えるポジショニング
はメーカーの理想+αとなります。この+αを加えるために優れ
た設計が施された車両にもフットレストバーNEOを設定する
ことになりました。
しかし、実際に設計に取り掛かると、これまでのラウンドバ
ータイプでは理想値を再現できないことが判明。新たな形状
を一から設計し直す必要がありました。
優れた設計が施された車両の左足のポジションはどの車両も
同じ様な角度、位置が基準となっていました。その基準はNE
OPLOTの考える物とほぼ同じ。しかし、フットレストバーNE
Oの「5項目」にしかない物として、
・ペダル類へのコンタクトポイント(接点)は踏力のコント
ロールに優れる母子球(親指の付け根)であること。
・運転中にもヒールポイントをずらす事ができ、かつ緊急時
にも滑ることなく踏み込めること。
の2項目があります。
これは純正のフットレストが平面で構成されている以上、加
えることのできない項目です。
この2項目を加えるためにはコンタクトポジション、ヒールポ
イントの2箇所以外を《接地させない》ようにする必要があり
ます。

そんな「理論」から生まれたのがウェーブバータイプです。
ラウンドバータイプを開発し、多車種へ展開する中で得たノ
ウハウが理想的な+αを加えることに成功しました。
理想的なポジショニングが形になったメーカーの設計は、ヒ
ールポイントが実質的に限定される傾向があります。このヒ
ールポイントの自由度を設けるため、大きさの異なる2種類の
コブを連結したウェーブ形状によるコンタクトポイントを設
置。ヒールポイントとの最適な位置関係を導き出すことで、
表面処理に依存することなくグリップを確保することができ
ました。どのポジションでも安定した踏み込みが可能となり
、自由度のあるポジションは渋滞中のストレスも減らすこと
に貢献します。また、素っ気ない純正のフットレストを華や
かにするこだわりの意匠を加えています。

フットレストバーNEOは一見「これだけのことか…」とも捉
えられる物ですが、少しの違いで最大限の機能性と装飾性を
兼ね備えた素晴らしいパーツです。ぜひ皆様の脚でその効果
を体感してください。

BLITZ
エアロスピード R コンセプト for タントカスタム

純正のラインを活かしたシンプルなデザインで、さらにスポ
ーティーなアクセントを与えるリップタイプのフロントリッ
プ スポイラー。
● 純正リアバンパーに装着可能なリアディフューザーは、NU
R-SPEC CUSTOM EDITION(別売)との 同時装着前提に開発。
センターデュアル出しマフラーのデザインをより強調します
。 ※マフラーの設定は 2WD TURBO 用のみとなります。

アルバートリック
Autostyleカーボンピラーパネル車種追加ラインナップ

多くの欧州車向けにラインナップした”AutoStyle ブラックカ
ーボン・ピラーパネル”にニューアイテムを追加しました。UV
加工を施した光沢クリアー仕上げが、高品質リアルカーボン
製のピラーパネルの耐久性を高めています。薄く成型された
パネルの裏面には3M製の強力両面テープが施され、簡単で確
実な取付を実現させます。

該当件数112件数中16―20件目:

<< 最初へ < 前へ   1   2   3   4   5   6   7   8   9   10 次へ > 最後へ >>

兵庫県姫路市の車検・タイヤ交換・オイル交換、その他の車用品のお悩み事ならSA姫路にお任せください。店舗情報やネットショッピング、車検、メンテナンス情報等、お客様のカーライフをトータルでサポートいたします。

前のページに戻る 店舗TOPに戻る

ページトップへ移動