VECafe

vol.24

 

「どれくらいでクルマを乗り換えていますか?」
自動車の乗り換えでかかる基本的な費用【中古車編】

以前、オートバックス・ドットコムのメールマガジンで行った「どれくらいでクルマを乗り換えていますか?」というアンケートによると、同じクルマに10年以上乗り続けている方が全体の4割強もいらっしゃいました。多くの方が愛車を大切にされていることを知り、一同感激しております!

しかしながらクルマには寿命があるので、いつかは乗り換える日が必ず訪れます。そんな時、中古車に乗り換える場合は一体どのようなことに気をつければ良いのでしょうか? 今回は中古車に的を絞って、購入の流れやかかる費用などをお伝えしていきます。

【前回クルマの買い替えまでの期間はどれくらいでしたか?】

円グラフ


新車と中古車、ナニが違う?

新車と中古車を比較した時、もっとも大きな違いは、「前オーナーの有無」でしょう。新車は文字通り新品のクルマなので、購入者がはじめてのオーナーとなります。購入時は自由にカスタマイズすることができ、自分好みの1台を手に入れることが可能です。

一方中古車は元々誰かが所有していたクルマであり、前オーナーのカスタマイズがそのまま残っていることが多いです。安価で購入できる反面、走行距離によってはパーツが劣化していることも少なくありません。

それぞれメリットとデメリットがありますが、最終的にはあなたの好みであったり、使用目的であったり、予算であったりが重要なポイントなのです!

中古車購入の基本的な流れを知ろう!

こちらでは、中古車を購入する際の基本的な流れについてご説明します。あくまで一般的な内容ですが、購入前にしっかり覚えておきましょう。

◎STEP.1予算と車種を決める

予算内でどの車種がほしいのかを決めましょう。車種の候補は複数あるほうが選択の幅も広がります。

◎STEP.2資金の調達

現金で支払うならともかく、ローンを組む場合は返済計画をしっかりと立てましょう。

◎STEP.3印鑑証明書の用意

印鑑証明書を用意します。発行後3ヶ月は有効となります。

◎STEP.4予算内で中古車をピックアップ

実際に購入する中古車を探しましょう。できるだけ多くのクルマを比較することが大切です。

◎STEP.5契約手続き

契約書に必要事項を記入しハンコを押します。この時点でクルマはあなたのものです♪

◎STEP.6必要な書類の作成・用意

必要書類は販売店が揃えてくれますが、車庫証明などは自分で作成することになります。

◎STEP.7任意保険の加入

万が一のため、クルマを購入したら任意保険に加入しておきましょう。

◎STEP.8納車

いよいよ納車です。販売店から自宅までクルマを運んでもらうこともできますが、せっかくなら自分で取りに行くのも良いでしょう。新しい愛車でのドライブは記念にもなりますよ!

中古車の購入にはどれくらいの費用がかかる?

中古車を購入する場合、本体価格とは別に以下の諸経費が掛かります。

費用 普通自動車 軽自動車
自動車税 29,500円~111,000円 7,200円
自動車取得税 取得価額の5% 取得価額の3%
自動車重量税

25.200円~63,000円

※車検を購入時に通す場合
8,800円
自賠責保険料

17,940円(12ヵ月分)

※車検が残っている場合はその差額分

15,010円

※車検が残っている場合はその差額分
自賠責保険料 8% ※2015年現在
登録代行費用 15,000円~30,000円程度
車庫証明費用 10,000円~20,000円程度
納車費用 5,000円~15,000円程度
下取り費用 5,000円~15,000円程度
リサイクル料金 10,000円~20,000円程度


保険・税金関係は法定費用と呼ばれ、どの販売店で購入しても同じ金額となります。その他の費用は販売店によって異なりますので、価格交渉をすることで安く抑えられる可能性も!?

最近の中古車は性能も良いので、乗り換えを考えている方は検討してみてはいかがでしょうか?

ネットで買い物をする

メールマガジンに登録する

前のページに戻る


  • メールマガジン登録
  • ネットショップ
ページトップへ