オイル交換 基礎知識

オイルフィルターの役割と
交換時期の目安や方法

自動車にとって重要な役割を果たしているエンジンオイル。
その性能を存分に発揮し、自動車を安全に走行させるためには、オイルフィルターを定期的に交換することも重要です。
オイルフィルターの役割と、その交換に役立つ情報をご紹介します。
※エンジンオイルの役割については、こちらをご参照ください。

目次

オイルフィルターの交換が必要なわけ

そもそもオイルフィルターの交換はなぜ必要なのでしょうか。
その必要性を確認するために、ここではその役割など基礎知識をご紹介します。
安全なカーライフのためには、適切なオイルフィルターを選び、定期的に交換することが大切です。

オイルフィルターの役割と交換の必要性

まずはじめに、オイルフィルターの役割と交換の必要性についてご説明します。
また、交換しないとどんなことが起こり得るのか、その危険性についてもあわせて確認しておきましょう。

オイルフィルターの役割

自動車を安全に動かすだけでなく、車の性能を維持させるためにも、非常に重要かつ不可欠なエンジンオイル。エンジン内部で金属部品の摩擦を防ぎ円滑に動かすための潤滑作用、燃焼や部品の運動によって付着する各部の汚れを吸着・洗浄する作用などを果たしています。よって、走行距離が伸びるとともに、エンジンオイルにはスラッジ(不完全燃焼した燃料の燃えカス)や、摩擦によって発生する部品の金属粉、また空気中にただよっているゴミなど、不純物が含まれてしまうのです。
そのような不純物を取り除き、ろ過する役割を果たしているのが、オイルフィルターです。その名のとおり、フィルター状のろ過材などが設置された仕組みで、「エンジンオイルエレメント」などとも呼ばれています。オイルフィルターが機能することで、綺麗な状態を維持したエンジンオイルを、エンジン内部に循環させることができるわけです。

定期的な交換が必要

オイルフィルターはエンジンオイルの汚れやゴミをろ過する仕組みなので、キャッチした汚れやゴミがたまれば、当然のことながらろ過する機能が低下します。そのため、いつでも適切に汚れをろ過できるよう、定期的にオイルフィルターを交換する必要があるのです。
ろ過機能が落ちたまま使っていると、エンジンオイルの性能も低下してしまいます。どんなに高性能なオイルを選んだとしても、オイルフィルターが機能しなくては、オイル本来の性能を発揮させることもできないのです。それ以前に、汚れやゴミを含んだままのオイルがエンジン内部を循環することにより、エンジンの負荷が増大し、自動車の寿命を早めてしまうだけでなく、故障やトラブルにつながってしまうことさえあるのです。最悪の場合、エンジンの焼き付きなどの故障やトラブルを引き起こしかねず、大変に危険です。
安全に、そして長く愛車と過ごすためには、定期的なオイルフィルターの交換も重要なのです。

オイルフィルターの選び方

 

性能や機能、種類などの違いによって、オイルフィルターにも選択肢が広がっています。
その選び方の参考になる情報をご紹介します。

オイルフィルターの種類

オイルフィルターの種類は、大きく純正品と社外品の2種類に分けることができます。
純正品は、購入時から車両に装着されているもので、それぞれの自動車メーカーが取り扱っている商品です。社外品は、純正メーカー以外の会社が扱っているものです。
それぞれ、以下のような特徴を備えています。

①純正品

自動車メーカーが扱っている商品です。安心感、信頼感を感じられるという理由で愛用しているユーザーもいます。

②市販品

市販品のオイルフィルターは、商品の特徴として2タイプがあります。
・コストパフォーマンスに優れた商品(純正相当品)
純正品より価格が安く、コストパフォーマンスに優れているもの。汚れを除去する能力は純正品とほぼ同等ですが、ろ紙の構造などが異なる商品があります。
・高性能な商品
品質と性能を追求した商品。高品質な分、純正品より価格が若干割高になり、一般的に、高品質なエンジンオイルに対応する機能を備えています。たとえば、オイルフィルターが目詰まりを起こした場合などでも、すぐには自動車の走行に影響が出ないよう、フィルターを経由せずにオイルを循環させるバイパス機能を持ったものや、微細な汚れやゴミまで除去できる特殊素材のものなどもあります。

オイルフィルターの性能

オイルフィルターは商品によって特徴が異なります。自動車のタイプや、ご自身の使い方、またエンジンオイルとの組み合わせを考えて選ぶことが大切です。

①2重構造のオイルフィルター

ろ過性能アップを目的に2連のろ過フィルターを採用し、視認できないミクロ級の細かい不純物まで除去できる機能を持ったオイルフィルターで、エンジンオイルを安定してエンジンへろ過する優れたフィルターです。

②マグネットつきオイルフィルター

オイルフィルターの中にマグネットが組み込んであるオイルフィルター。エンジン内の部品の摩耗によりエンジンオイルの中に含まれてしまった鉄粉をはじめとする金属片などを、このマグネットで吸着することができます。

③スポーツタイプオイルフィルター

サーキット走行を含め、スポーツ走行に適したオイルフィルター。サーキット走行向けには通常よりも粘度の高いオイルを使用する場合が多く、そうした高粘度オイルの自動車の高回転、高油圧になる走行でもろ過性能を発揮できるように開発された高性能フィルターです。

オイルフィルターの料金相場

オイルフィルターの価格は、主に性能と適合車種によって違いがあります。また、ろ紙のみを交換するタイプとカートリッジごと交換するタイプ、その構造によっても価格相場が異なります。ここでは適合する自動車のタイプによる、おおよその価格の目安をご紹介します。

①国産車用スタンダード・オイルフィルター…約800円(税込880円)~1,500円(税込1,650円)

純正品と、純正品同等の機能を持った社外品の料金相場です。一般的な国産乗用車を日常的に通常使用する場合は、この価格が費用の目安となります。

②国産車用高機能オイルフィルター…約1,500円(税込1,650円)~2,500円(税込2,750円)

ろ過精度が高い商品や、金属片を吸着するマグネットつきの商品、スポーツフィルターなど、高機能を備えた国産車向けオイルフィルターの価格が費用の目安です。複合的な機能を備えている商品もあります。

③輸入車用オイルフィルター…約1,500円(税込1,650円)~3,500円(税込3,850円)

輸入車に適合するオイルフィルターの料金相場です。一般的には、車体の大きさに比例して、適合するフィルターの価格が変わります。

オイルフィルターはそれぞれサイズと形状が異なり、それによって適合する車種も異なります。ご自身で選ぶ際には事前に確認しておくと安心です。適合するオイルフィルターの情報は自動車の型式から調べることができます。車検証のほかオートバックスのホームページでもご確認いただけます。
安全で快適なカーライフのために、そして愛車の健康をできるだけ長く保つためには最適なオイルフィルターを選ぶことも大切です。オイルフィルター選びに迷われた際には、ぜひお近くのオートバックスでお気軽にご相談ください。

オイルフィルターの交換について

自動車の安全を守り、車の性能を維持するためにも重要なオイルフィルター。
その機能を活かすためには、定期的に交換することが大切です。
ここではオイルフィルターの交換について役立つ情報をご紹介します。

オイルフィルターの交換時期

オイルフィルターを交換するべきタイミングは、エンジンオイルが汚れて劣化し、それにともなってオイルフィルターの性能が低下したときです。しかし、オイルレベルゲージで汚れを確認できるエンジンオイルとは異なり、オイルフィルターは確認できません。またオイルフィルターの交換は、車体からエンジンオイルをすべて抜き取った状態で実施します。そのため、エンジンオイル交換時は同時にオイルフィルター交換も実施するのが一般的です。
オイルそのものの性能や、自動車の使い方、使われている環境などの条件によってオイルの劣化具合は異なり、それにともなってオイルフィルターの汚れ具合や劣化度合も変わりますが、一応の目安を確認しておくと安心です。

①オイル交換時期を目安にする

オイル交換2回につきオイルフィルターを1回交換、これがもっともシンプルでわかりやすい目安です。オイル交換時期は、普通乗用車の場合で一般的に走行距離5,000㎞、もしくは6ヶ月ごととされています。

②走行距離を目安にする

前回の交換から走行距離10,000㎞毎が、オイルフィルター交換のひとつの目安です。エンジンの特徴や使い方、またエンジンオイルの種類や性能などによっても適当とされる目安の距離は変わります。

③時間を目安にする

ほとんど使っていない自動車でも、エンジンオイルは経年とともに劣化します。汚れやゴミが含まれるだけでなく、粘度にも変化が生じます。つまり、オイルフィルターの処理能力を超えた状態になっている可能性があるということです。どんなに使われなかった車体であっても、1年に1回はオイルフィルターを交換しましょう。

これはあくまでも、一般的な使い方をしている場合の目安です。悪路や極端な気候の環境、また高速での走行を日常的にくり返すなど、エンジンが高負荷になる状況下では目安より早いタイミングでの交換が必要です。
中には、「頻繁に車に乗らないから交換しなくても大丈夫」という思っている方もいらっしゃいますが、近くのスーパーに毎日買い物に行く程度しか使用しない乗り方などは、逆にオイルが循環しない内にエンジン停止を繰り返し、悪影響を及ぼします。そのため頻繁に車に乗らないという方も定期的な交換が必要です。
また、目詰まりなどによりオイルフィルターが機能しなくなると、油圧警告灯が点灯することがあります。適切にオイル交換しているはずなのに油圧警告灯が点灯する、といった場合にはオイルフィルターが汚れている可能性、またはオイルフィルターのゴムパッキンが劣化し、オイルが漏れている可能性もあります。オイルフィルターが機能しないとエンジンオイルの性能が落ち、最悪の場合はエンジンの焼き付きなどの故障やトラブルを引き起こしかねません。そのため早急な対応が必要です。

オイルフィルター交換の流れ

オイルフィルターの交換は、オートバックスをはじめとするショップなどに依頼されるケースがほとんどですが、ご自身で実施することも可能です。
オートバックスにお任せいただく場合と、ご自身で交換される場合、それぞれの手順についてご紹介します。

▼オートバックスでオイルフィルターを交換する場合

STEP1  エンジンオイル交換作業を予約する

都合の合う日時から、エンジンオイル交換作業をご予約いただきます。作業に必要な時間は、オイル交換をあわせて30分程度です。

STEP2 予約日当日にオートバックの店舗へ来店する

来店されたら、サービスカウンターまたはレジにて受付を行います。
事前に商品を購入されていない場合は、併せて商品を購入いただきますので、 予約時間の10分~15分前にご来店いただくようお願いいたします。どれを選んだらいいのか迷ったときには、お気軽にスタッフまでご相談ください。
作業時間になりましたら、店舗スタッフよりご案内致します。
なお、作業工賃はオイル交換を含め、1,000円(税込1,100円)程です。
 ※車種によって、異なります。

STEP3 作業実施・お引き渡し

ピットスタッフにより交換作業を実施します。正しく交換作業が行われたかを確認した後、お客様へお車をお引き渡しします。

▼ご自身でオイルフィルターを交換される場合

オイルフィルターには、フィルター(ろ過材)が収まっているケースごと交換するカートリッジ式と、フィルターと(ガスケット)だけを交換するエレメント式(フィルター式/インナー式)があります。
エレメント式はケースを再利用できることから、比較的コストがかからず環境負荷も低いといった利点がある一方、交換に手間がかかり、また専門知識や技術も必要なため、不慣れな場合はミスが起こりやすいリスクも持ちあわせています。
ここでは、現在の主流となっているカートリッジ式オイルフィルターの交換方法をお伝えします。

準備しておきたいもの

・交換用のオイルフィルター
・交換用のエンジンオイル
・交換用のオイルドレンワッシャー
・オイルフィルター用レンチ
・オイルドレン用のレンチ(トルクレンチ)
・廃油処理パック
・耐熱性のあるグローブ
・拭き取り用ウエス など

STEP1 エンジンオイルを抜き出す

エンジンオイルを抜き出します。
車体をジャッキアップしたら、オイルの抜けを促進するためにオイルフィラーキャップを外し、その後、車体の下側にあるオイルドレンボルト(蓋)を外し、オイルを流れ出させます。
潜り込む時にジャッキアップする場合は、必ずウマ(リジットラック)を使用し安定させましょう。車の下へ潜ることは安全策を施しても危険を伴います。

STEP2 オイルフィルターを外す

レンチを使ってオイルフィルターを外します。この時にもエンジンオイルが流れ出てきますので、残らず流れ出させます。ウエスなどでオイルフィルターが設置されていた周囲に付着している油分やゴミを拭き取っておきます。

STEP3 新しいオイルフィルターを取り付ける

新しいオイルフィルターのOリング(ゴムパッキン)部分に、エンジンオイルを塗布します。これはパッキンのねじれやよじれを防ぐために行います。その後、締め付け過ぎに注意しながら、新しいオイルフィルターを取り付けます。

STEP4 ドレンボルトを締める

オイルドレンボルトに新しいオイルドレンワッシャー(ドレンパッキン)を取り付け、オイルドレンボルトを規定トルクで締めたら車体をジャッキダウンします。

STEP5 新しいオイルを注入する

オイルジョッキなどを使って、規定量の新しいオイルを注ぎ込みます。注ぎ終わったら、事前に外しておいたオイルフィラーキャップを緩みのないように締めます。
その後、エンジンを始動させ、一定時間オイルを循環させます。エンジンを止め、再度オイルレベルゲージで油量を確認します。レベルゲージがない場合は、取扱い説明書の指示に従いましょう。

STEP6 古いオイルを廃棄する

廃油処理パックなどを使って古いオイルを処理します。自治体によって処分方法が異なるので確認しましょう。オイルを購入したショップやガソリンスタンドなどで缶やタンクなどに入れた古いオイルを引き取ってもらえる場合もあります。

まとめ

エンジンオイルの働きを保ち性能を発揮させるためにも、重要な役割を果たしているオイルフィルター。
だからこそ、常に機能する状態にしておくことが大切です。
安全で快適なカーライフのために、定期的なオイルフィルター交換を心がけましょう。

オイル交換 Q & A

A オートバックス公式アプリ、またはWEB、お電話にて承っております。
スムーズにご予約いただくためにアプリのご利用をお勧めしています。
詳細はこちら
A 目安工賃・目安作業時間は下記よりご確認ください。
※車種・作業内容によって変わります。
詳細はこちら
ページトップへ