オイル交換 基礎知識

軽自動車のエンジンオイル交換

日本は世界が羨むマイクロカー王国です。
マイクロカーの主役は言うまでもなく軽自動車であり、性能、サイズ、価格、さらにはスポーツカーやワンボックス、SUVなどといった豊富なバリエーションで人気を集めています。
そんな軽自動車のコンディションを維持するのに欠かせないのが、適切なエンジンオイル交換です。
軽自動車の性能や寿命に直結するエンジンオイル交換は絶対に欠かせません。

目次

軽自動車にとってエンジンオイル交換が生命線である理由

軽自動車は普通車に比べてエンジンオイル管理がより大切になってきます。理由は以下が挙げられます。

・エンジンルームが狭い
軽自動車の現行ボディサイズは全長340cm、全幅148cm、全高200cm以下です。この範囲で人が乗れるスペースを最大限にするため、どうしてもエンジンルームが狭くなってしまいます。エンジンルームが狭いと熱がこもりやすく、クーラントで冷却しているとはいえエンジンにとっては過酷な環境となり、エンジンオイルの劣化は早くなります。

・エンジン回転数が高い
軽自動車の排気量は660cc以下と定められており、この限られた排気量でパワーを引き出すためにエンジンの回転数は高めとなります。エンジン回転数を高く維持するような状況では、エンジンオイルの負担は大きくなり劣化を早める原因となります。

・排気量の小ささを補うためにターボチャージャーで過給されている
上記の理由ともつながってきますが、小排気量ゆえの非力を補うため軽自動車ではエンジンにターボを装着することが珍しくありません。ターボチャージャーによる過給は熱い排気ガスを再利用していることもあり、エンジンの燃焼室まわりは温度が上昇しやすくエンジンオイルの消耗が激しくなります。

・ストップ&ゴーが多い
軽自動車はシティコミューターとして使われるケースが多い傾向にあります。エンジンを始動させて交通量の多い街中を移動し短距離で戻ってくるような使われ方です。そのためストップ&ゴーが多く、また走行距離に対するエンジン始動の回数が多くなりがちです。こういった街乗り中心に使われる軽自動車はエンジンオイルの劣化が早まる傾向にあります。

このような環境で酷使されるため軽自動車のエンジンは堅牢に設計されています。
そのタフなエンジンの負荷を担うのが軽自動車のエンジンオイルであり、結果として劣化が激しいのです。また、タフなエンジンとはいっても劣化したオイルのまま走り続けるとエンジンそのものにダメージが及ぶことになりかねません。

エンジンオイル交換を怠ったときに現れる症状

軽自動車のエンジンオイル交換を怠ると加速が鈍くなります。
オイルが劣化することで、オイルの皮膜が保てず密閉性が悪化してエンジン本来のパフォーマンスが発揮できなくなるからです。
また、エンジン内の抵抗が増えることで燃費も悪化します。さらにはエンジン音が大きくなったり振動も目立つようになります。
以上のような症状が現れてからではなく、早めに定期的なエンジンオイルを交換したいところです。

エンジンオイル交換の時期

軽自動車のエンジンオイル交換サイクルは「6ヵ月経過」または「5,000km走行」が推奨の目安となります。
また、ターボチャージャーなど過給機が付いているエンジンなら「3ヵ月経過」または「2,500km走行」を目安とすることをオススメします。
また、ターボチャージャーが付いていなくても真夏の渋滞走行や山道の上り下りなど、よりシビアなコンディションで酷使されているような場合も「3ヵ月」または「2,500km走行」ごとの交換がオススメです。
その際はエンジンオイル交換と同時にオイルフィルター(オイルエレメント)も交換することをオススメします。

エンジンオイルの種類

軽自動車に用いるエンジンオイルには「鉱物油」や「合成油」、そして「部分合成油」などがあります。
経済性を最優先するのであれば比較的安価な「鉱物油」となりますが、エンジンオイルへの負担が大きくなりがちな軽自動車では「合成油」もしくは合成油を含んだ「部分合成油」をオススメします。
とりわけ「合成油」はエンジンを潤滑するのに最適な分子構造を与えられており耐熱性の面でも優れています。

エンジンオイルの粘度は「0W-20」や「5W-20」、「5W-30」などがあります。ノンターボの自然吸気エンジンであれば「0W-20」がポピュラーで選択肢も豊富です。
またターボチャージャー付きのエンジンであれば「5W-30」をオススメします。
また、ノンターボエンジンでもシビアなコンディション中心であれば、同じく「5W-30」を利用したいところです。

まとめ

軽自動車のグッドコンディションを維持するには早めのエンジンオイル交換が推奨されています。
お車の乗り方や走行条件にもよりますが、早い方では、「3ヵ月」または「2,500kmごと」のエンジンオイル交換が必要となります。
オートバックスのメンテナンス会員様(有料)ならエンジンオイルやオイルフィルターの基本交換工賃が何回でも無料です。
会員特典を利用して安全で楽しい軽自動車ライフをお楽しみください。

オイル交換 Q & A

A オートバックス公式アプリ、またはWEB、お電話にて承っております。
スムーズにご予約いただくためにアプリのご利用をお勧めしています。
詳細はこちら
A 目安工賃・目安作業時間は下記よりご確認ください。
※車種・作業内容によって変わります。
詳細はこちら
ページトップへ