いい整備士がいる。 いい整備士がいる。

TAKESHI
IDE
井出 剛志 二級自動車整備士 / ピット長 / 自動車検査員

小学生の頃には、街中を走る
車の名前をすべて言えた。

小さい時から車が好きで、ミニカーやプラモデルで、よく遊んでいました。小学生のときには街中を走っている車の名前を言えるくらい車が好きでした。いざ就職の時期になったときに、車への興味がずっと心の中にありましたので、車に触れる仕事と決めていました。当初はディーラーさんも考えたんですが、いろんなメーカーの車が触れるということでオートバックスに入社しました。

整備の知識ゼロからのスタート。

整備の学校に通っていたわけでもありませんでした。オートバックスに入社した頃は、メンテナンスのことも、整備の知識もあまりありませんでした。そんな自分がピットに配属され、先輩方に1から整備のことを教えていただきました。その毎日が自分の中ですごく楽しかったんです。そこからどんどん欲が出てきて、いろいろ自分でも勉強して整備士の資格もそうですし、自動車検査員の資格も取得することができました。

ヒントはお客様の話の中にある。

整備の仕事は、トラブルシューティングが多いんですが、そのヒントはお客様の話の中にあります。そのヒントを聞き逃さないように、できるだけお客様とのコミュニケーションをとるように心がけています。たくさんお話を聞いて、自分の力で原因を見つけ、直す。基本かもしれませんが、誰にも負けないぐらい自信があります。

答えは言わない。導く。

ピット長になって後輩を育てる立場になりました。かつて知識がなかった自分が教わったのと同じように、できるだけ本人に答えを見つけ出させるように導くことを意識しています。ヒントを与えて考えさせて、自分の力で解決できた方が間違いなく身に付きますから。オートバックスに育ててもらった自分と同じように整備士や自動車検査員の資格を取れるような人間を育てていきたいですね。

無口な整備士はもう古い。

整備士と聞くと、どこか無口なイメージがあると思うんです。静かに自分の世界に入って整備、点検しているイメージです。昔はそれがカッコよかったのかもしれないですが、お客様からしたら何をしているのか教えてもらえた方が良いと思うんです。これからはお客様とうまくコミュニケーションを取りながら、お客様と一緒に進めていける人が、カッコいい整備士なんだと思います。

車の進化に置いて行かれないように。

今、車もどんどんコンピューター化されているので、昔のやり方だけでは立ち行かなくなっています。車の進化に合わせて、私たちも勉強を欠かさないようにしないといけないと思っています。ハイブリット車や電気自動車に関してもそうですが、常連のお客様は「オートバックスでもできる」と信頼して来ていただいているので、その期待を裏切らないように勉強しないといけないなと思っています。

AUTOBACS GUYS