究極のレーシングカーを造り上げコンマ1秒を競うピットワーク 異次元の体験が待っていた

車体の重心を下げるためにシートは低く硬い。地面の上に直接腰掛けたような気分だ。乗り心地は悪いが車体姿勢の繊細な変化を瞬時に感じ取るために、余分なクッションは感覚を鈍らせる邪魔者でしかない。プロのレースとはこういう世界なのだ。

いい整備士がいる

センターロックのインパクトレンチ、何だこのパワーは?
給油タンクを入れるだけでもアジャストが難しい。何でも日々訓練。最高峰のレース用タイヤ&ホイールは軽すぎ!

オートバックスガイズ

モータースポーツの最高峰のプロフェッショナルと記念撮影。
鈴木亜久里総監督、土屋圭市アドバイザー、野尻選手、高木選手・・・
我々も車を愛するプロフェッショナル。
更にレベルアップするための貴重な体験。

いい整備士がいる